格安 引っ越し 会社

格安引越しの会社を簡単に探す方法がわかる

引越し 格安 相場

引越し 格安 見積もり

引越し 格安 価格

引越し 格安 料金

引越し 格安 費用

 

引越しには結構お金がかかります。
まず物件の契約料、新しいカーテンや照明も買わなければなりませんし、いらない家財を処分するのにもお金がかかります。

 

せめて引越し業者の料金は安くしたいと思いませんか?
引越し業者にかかる費用の相場はこのくらいです。

 

安い 引越し

 

引越し業者は格安が良いけど、サービスも重視したいですね。
引越し料金の相場には幅があります。それは、引越し料金が、荷物の量や運ぶ距離、不用品の処分費などいろいろな要素で決まります。

 

1階と4階なら1階のほうが費用が安いですし、物件にエレベーターがあるかないかでも費用はかわります。トラックが物件の近くに停められるかどうかも重要です。
このように、引越し費用は人によって全然違うのです。

 

あなた自身の引越し費用の相場を知りたいなら、複数の業者から実際に見積もりを取ってみるしか方法はありません。

 

引越し業者は一括見積もりをすることができます。

 

安い 引越し


住所や運びたい荷物などを選んで送信すると、最大10社からまとめて見積もりが届きます。200社以上の引越し業者が参加しています。

 

相場はもちろん、1番安い業者を簡単に見つけることができますよ。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しには手順が重要です。

 

@引越し先を決める。
A引越しが決まったら、大家さんか管理会社に連絡する。
B持って行く家財と処分する家財を決める。
C引越し業者に一括見積もりをして引越し業者を決める。
D引越し日までにコツコツと荷造りをする。
E引越し2週間前から転出届を市役所に提出する。
 電気・ガス・水道・郵便会社に連絡して引越し手続きを行う。
F引越し日は、引越し業者に家具の場所などを指示したり、掃除したり。
 カギを管理会社に返す。
G引越し日2週間以内に転居届(同一市内の場合)もしくは転入届を市役所に提出する。
H免許、銀行、パスポート、保険などの住所変更を行う。

 

おおまかに言うとこのような手順になります。
いろいろ大変ですが、ちょっとずつこなしていくと案外簡単に終わります。

 

 

引越し料金と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業界には繁忙期があり、3月が1年で最も引越しの依頼件数が多くなります。
3月に繁忙期を迎える理由は、4月に新学期を迎えるために起こります。

 

受験を終えた新大学生や就職活動を終えた新社会人が、3月に引越しをするのです。
人数が半端ないので、日本全国の引越し業者はどこも大忙しです。

 

そしてもう一つの大きな理由は、会社の人事異動です。
日本企業の多くは全国に支店を持ち、人事異動の時期に転勤が言い渡されます。
これが先程の繁忙期と重なるのです。

 

さらに昨今のトラック運転手不足により、繁忙期は引越し業者の争奪戦と化し引越し料金が高騰しています。
可能なら繁忙期の引越しは避けましょう。

 

そしてどうしても繁忙期を避けられないのであれば、早く新居を決めてすぐに見積もりを依頼し、引越し業者と契約しておきましょう。
引越しの準備が遅くなればなるほど条件がきつくなり、費用が高くなり、最悪の場合依頼を断られます。

 

繁忙期の引越しはスピードが命です。