格安 引っ越し 会社

格安引越しの会社を簡単に探す方法がわかる

引越し 格安 相場

引越し 格安 見積もり

引越し 格安 価格

引越し 格安 料金

引越し 格安 費用

 

引越しには結構お金がかかります。
まず物件の契約料、新しいカーテンや照明も買わなければなりませんし、いらない家財を処分するのにもお金がかかります。

 

せめて引越し業者の料金は安くしたいと思いませんか?
引越し業者にかかる費用の相場はこのくらいです。

 

安い 引越し

 

引越し業者は格安が良いけど、サービスも重視したいですね。
引越し料金の相場には幅があります。それは、引越し料金が、荷物の量や運ぶ距離、不用品の処分費などいろいろな要素で決まります。

 

1階と4階なら1階のほうが費用が安いですし、物件にエレベーターがあるかないかでも費用はかわります。トラックが物件の近くに停められるかどうかも重要です。
このように、引越し費用は人によって全然違うのです。

 

あなた自身の引越し費用の相場を知りたいなら、複数の業者から実際に見積もりを取ってみるしか方法はありません。

 

引越し業者は一括見積もりをすることができます。

 

安い 引越し


住所や運びたい荷物などを選んで送信すると、最大10社からまとめて見積もりが届きます。200社以上の引越し業者が参加しています。

 

相場はもちろん、1番安い業者を簡単に見つけることができますよ。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しには手順が重要です。

 

@引越し先を決める。
A引越しが決まったら、大家さんか管理会社に連絡する。
B持って行く家財と処分する家財を決める。
C引越し業者に一括見積もりをして引越し業者を決める。
D引越し日までにコツコツと荷造りをする。
E引越し2週間前から転出届を市役所に提出する。
 電気・ガス・水道・郵便会社に連絡して引越し手続きを行う。
F引越し日は、引越し業者に家具の場所などを指示したり、掃除したり。
 カギを管理会社に返す。
G引越し日2週間以内に転居届(同一市内の場合)もしくは転入届を市役所に提出する。
H免許、銀行、パスポート、保険などの住所変更を行う。

 

おおまかに言うとこのような手順になります。
いろいろ大変ですが、ちょっとずつこなしていくと案外簡単に終わります。

 

 

引越し料金と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業界には繁忙期があり、3月が1年で最も引越しの依頼件数が多くなります。
3月に繁忙期を迎える理由は、4月に新学期を迎えるために起こります。

 

受験を終えた新大学生や就職活動を終えた新社会人が、3月に引越しをするのです。
人数が半端ないので、日本全国の引越し業者はどこも大忙しです。

 

そしてもう一つの大きな理由は、会社の人事異動です。
日本企業の多くは全国に支店を持ち、人事異動の時期に転勤が言い渡されます。
これが先程の繁忙期と重なるのです。

 

さらに昨今のトラック運転手不足により、繁忙期は引越し業者の争奪戦と化し引越し料金が高騰しています。
可能なら繁忙期の引越しは避けましょう。

 

そしてどうしても繁忙期を避けられないのであれば、早く新居を決めてすぐに見積もりを依頼し、引越し業者と契約しておきましょう。
引越しの準備が遅くなればなるほど条件がきつくなり、費用が高くなり、最悪の場合依頼を断られます。

 

繁忙期の引越しはスピードが命です。

 

 

引越しの有料オプションサービス

 

引越し業者 オプション

 

引越し業者には有料のオプションサービスというのがあります。
どんなサービスがあるのか知っていますか?

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

オプションサービスはいろいろありますが、これは同じ引越し業者がやっているわけではありません。
付帯したいサービスがあるかどうか、契約前に確認しましょう。

 

この中で依頼の多いエアコンの移設ですが、これを自分で手配すると引越し前に取り外してもらい、引越し後に取り付けを依頼しなければならないため面倒なのです。

 

しかしオプションで「エアコンの移設」をお願いしておけば、引越し業者が代理で手配をしてくれるので便利です。

 

ほかにも長距離の運転が苦手な方には車の陸送サービスが便利です。

 

ピアノをお持ちの方にはピアノの運搬及び調律のサービスが人気です。

 

今どきだと思うのが、盗聴器を探すサービスです。
前の住人を狙ったものが残されている可能性がありますから、入居前に調べておきたいという方には嬉しいサービスですね。

電化製品の配線サービスは、機械が苦手な方には好評です。

 

 

引越しと粗大ごみ

 

引越し 粗大ごみ

 

家の中に捨てずに長い間放置されたままの家具や家電はありませんか?
引越しはこれらを処分するチャンスです。

 

粗大ごみの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものです。
またゴミ収集車うを傷つける可能性がある石油ファンヒータやストーブ、ガスコンロ、電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミ扱いです。

 

では粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

Aの方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話をして回収してもらえる日を予約します。
その後、コンビニやスーパーで販売している粗大ごみシールを買います。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。
シールは回収手数料なので、粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

Bの自分で持って行く場合でも、まずは粗大ごみ処理施設電話で予約します。
捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れのないように先にメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
身分証を確認後、車の計量、粗大ごみを廃棄したのち、再び車の計量をして廃棄された粗大ごみの量を計算します。

 

もし100kgを超えた場合は手数料がかかることがあります。
自分で持ち込んだ場合はごみシールを貼る必要はありません。

 

いくつかの家電において注意点があります。家電リサイクル法です。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です

 

そしてこれらのリサイクルには、リサイクル料がかかります。
もし家電を買ったお店がもう近くない場合やすでに廃業ししまっている場合は、お住いの自治体にあるリサイクルセンターに相談してみましょう。

 

 

引越しとキャンセル料

 

引越し キャンセル

 

契約済みの引越しをキャンセルしなくてはならないことはあります。
急な出張、海外出張、急な病気による手術、事故など予期せぬ理由でのキャンセルでも、すべて依頼者側の都合によるものです。

 

キャンセルの際に、一番気になるのは「キャンセル料は何日前から、そしていくらかかるのか」ではないでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると次のようなことが書かれてあります。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できます。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

つまり引越しの前日のキャンセルは運賃の10%以内、引越し当日のキャンセルは運賃の20%以内で、それ以外のキャンセルにはすでに提供されたサービスの実費のみ負担ということがわかります。

 

引越しを依頼した方にとってはかなり親切だと思います。
しかし引越し業者にとっては、急なキャンセルは迷惑な話であることに変わりありません。

 

ですから前日まで大丈夫と思わずに、できるだけ早く伝えてください。
時間に余裕があれば、キャンセル待ちや別の人の予約を入れることができるかもしれないからです。

 

それと標準引越運送約款は、引越し業者には大きな不満があります。

 

そのうち変更されることも十分にありますから、引越し業者と交わした契約書のキャンセルについての項目には必ず目を通しておいてください。